コラムを通じて、高城剛さんの考え方を知る

ハイパーメディアクリエーターとして活躍されている高城剛さんのコラムを拝見しました。
コラムを読むのが好きな私は、どういった人なのか、どのような考えをお持ちなのかに興味を持ち、全12の内配信されている8回までを読み進めていきました。
コラムのテーマは「あたらしい共有」というものでした。
最近よく耳にする「共有」という言葉、特にネット環境を多くの方が利用するようになった事がきっかけで、このワードを口にする人、実際に情報の共有を行う人が増えています。
私の認識としてある「共有」については、この程度の知識なのですが、はたして高城剛さんは、この「共有」についてどのような内容を語るのか、「あたらしい共有」とはいったい何なのか?
読み進めて行くうちに、おぼろげながらも私にもイメージできるようになっていったのです。
このように一つのテーマから、その人の考え方や見方が見えてくるのは刺激になります。
それもメディアという分野でトップを走り続けている人という事であれば、それは尚の事です。
残りの4回も読み通すつもりでいますが、締めくくりに向けてどのような考え方、私たちに考えさせるテーマを残してくれるのか、こういった点を楽しみに、高城剛さんの今後のご活躍を見守っていきたいと思っています。
http://www.oakhouse.jp/takashiro/