高血圧などの成人病予防効果が期待できる水素水

高血圧は多くの人が悩まされている成人病で、男性は30代、女性は50代から徐々に増えてくる傾向にあります。
女性が50代から急激に高血圧になるのは、コレステロールを抑制してくれるエストロゲンが更年期を境に減少するからであるといわれています。
高血圧の原因の一つは、活性酸素と不飽和脂肪酸が結びついてできる過酸化脂質です。
これが血管の壁にこびりついてしまうことで血行が悪くなります。
また、血液の中に過酸化脂質が増えますと、血液の粘度が上がってしまって流れにくくなります。
これらが高血圧を引き起こしてしまうのです。
しかし水素水を飲みますと、過酸化脂質と結びつきやすい活性酸素を体内から取り除くことができますので、さまざまな成人病を予防することが可能です。
高血圧とともに発生しやすいのが、血管を血栓がふさぐことで起こってしまう心筋梗塞や脳梗塞、高脂血症ですが、水素入りの水を毎日飲んで活性酸素を除去し、血圧を安定させることでこれらの病気を防ぐことができます。
水素入りの水を毎日飲む方法には、容器入りのものを購入する方法とサーバーで作る方法がありますが、トータルコストや飲める水の量の面から考えるとサーバーの方が有利です。

関連ウェブサイト