交通事故の慰謝料決定は慎重な対応を

交通事故の被害に遭われた側としては、少しでも多くの慰謝料を手に入れよう、と思うのは当然のことです。
という事は、加害者側としては、少しでもその額を安く抑えたいと思っているはずです。
もちろんこうした話し合いは、基本的に当事者同士で行う事は、まずほとんどないでしょう。
それぞれが加入している保険会社の方が代理で交渉することが多く、慰謝料の話し合いにおいても、その経験上、妥当な額がまず設定され、そこから話が進められて行く事になります。
ここで問題となるのは、この話し合いをどの時点で行い、示談を成立させるのがどのタイミングであるかということです。
亡くなってしまったケースにおいては、これ以上被害者の状態が悪化する事はありえませんので、話し合いをするタイミングをそれほど気にする必要はありません。
しかし怪我の場合、こうした点には十分注意する必要があります。
それは、怪我の認定や後遺症の可能性が考えられるからです。
怪我の状態が変化する可能性もありますし、後遺症がいつ表れるかも分かりません。
その可能性も含めた話し合いでなければ、被害者側にはメリットはほとんどないと言えるのです。