動物のお医者さんの守安但さん

今、世間ではペットブームが持続しています。
ペットは今や家族です。
愛情もって可愛がれば、動物はそれに答えてくれます。
誠に、可愛い動物たちですが、そんなペットたちは話すことができません。
全て、ゼスチャーによって会話を成り立たせています。
病気となれば、訴えることができない代わりに、元気のなさでわかります。
そういう時には、動物病院へ診察をしてもらいましょう。
動物病院のお医者さんである守安但さんは、動物が大好きです。
ペットを可愛がらない人には、時には命というものを教える人です。
命という尊いものを残念なことに人は、時折忘れてしまう人がいます。
その際には、守安但さんがペットを引き取り、里親を探します。
守安但さんはいいます。
動物だって、人と同じ命がある、食事をする際には尊い命をいただいているから頂きますなのだ、と。
命という大切なものを、ペットと暮らしているなら学んでほしいと思うといいます。
小さな命だけど、最期まで飼うのが飼い主の役目なのだと。