現金を持ち歩かないスタイル

現金を持ち歩くときは、財布が必要ですし、財布のサイズが大きければ、かばんを持つ必要があります。
ショッピングを楽しみたいときや街を歩きながら、飲食店などのお店に立ち寄ったり、観光地巡りをしたいときに、現金を持ち歩かないスタイルで、身軽な状態で行動したいという方もいると思います。
そんな時でも、クレジットカードや電子マネーなどを使うことで、支払いをスムーズに進めていくことができます。
都会では、電子マネーなど現金を持ち歩かなくても、支払いをスムーズに進めることができるお店がたくさんありますし、地方でも電子マネーの普及も進んでいます。
しかし、田舎町など、まだまだ現金がないと、支払いで困ってしまうシーンもあると思います。
そんな時に、カードしか持っていないと不便ですが、クレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、借入限度額内で、お金を借りられるので、便利です。
提携しているATMなどで、キャッシングサービスを利用することができるようになるので、現金が必要になっても、クレジットカードを持ち歩いていれば、安心できます。
現金を持ち歩かないスタイルで困ることがないように、クレジットカードの申し込みをする時に、キャッシングの設定をしておくことも一つの方法です。